会社設立(一般的な流れ)

会社概要の決定

・発起人・役員・会社の商号・本店・資本金額・事業目的などを決めます。適切なアドバイスをさせて頂きます。

類似商号の調査・印鑑の発注

・会社の印鑑には規格サイズがありますが、はんこ屋さんで「会社代表印」と伝え適切なものを作成してもらいましょう。

定款作成及び定款委任状に捺印

・定款とは会社の憲法のようなもの。定款記載事項は法定されているので、抜けていると認証してもらえません。

定款認証

・当事務所司法書士が代理人として電子申請することにより、4万円の印紙が不要となります。

資本金の払込み

・発起人名義の通帳に定款で定めた資本金を払い込んで頂きます。

登記申請書類に署名・捺印

・会社代表印で頂く書類・個人の実印で頂く書類がございます。

設立登記申請

・登記申請日が設立日となります。登記申請後約1週間程度で登記は完了します。登記完了により、法人名義での通帳作成が可能となります。

各種届出

・税務署、労務所その他の役所に書類の届出が必要になります。必要であれば税理士等各種専門家の紹介もいたします。

 

 


カテゴリー: 会社法, 会社設立 パーマリンク