会社の解散・清算について

会社の解散・清算手続きのご依頼を受けました。

会社は閉鎖されない限り、税金の納付義務などが発生します。会社を廃業する場合や、休眠会社を閉鎖する場合には、通常、解散・清算手続きを行います。

会社が解散すると、清算手続きが開始(合併・破産手続きを除く)します。清算会社は、営業を行いませんので、取締役は地位を失い、清算人が代わりに清算事務を行います。

清算人になることができる者は下記のとおり定められています。

①    定款で定める者

②    株主総会の決議

③    清算開始時の取締役

④    裁判所が選任

通常は、解散の登記と清算人の登記を同時にすることになります。


カテゴリー: 会社法, 解散・清算 パーマリンク